上中里医院

WEB予約 準備中

  • 〒114-0016
    東京都北区上中里2-32-12
  • お問い合わせ
    03-3911-3740

上中里医院

高血圧

血圧が高いと言われたら
(高血圧)High blood pressure

高血圧とは

日本では約4300万人が高血圧と測定されており、年間約10万人以上の人が、高血圧が原因で亡くなっています(日本高血圧学会報告参照)。
健康診断などで血圧が高いと言われたら、一度当院を受診してください。

高血圧の判断は血圧を測定して行いますが、一般的には、①医療機関などで測定する診察室血圧②家庭で測定する家庭血圧で確認します。日本高血圧学会のガイドラインには、下記の表のようにまとめられております。

血圧値の分類(成人血圧、単位はmmHg)
分類 診察室血圧 家庭血圧
収縮期血圧 拡張期血圧 収縮期血圧 拡張期血圧
正常血圧 <120かつ<80 <115かつ<75
正常高値血圧 120-129かつ<80 115-124かつ<75
高値血圧 130-139かつ/または80-89 125-134かつ/または75-84
Ⅰ度高血圧 140-159かつ/または90-99 135-144かつ/または85-89
Ⅱ度高血圧 160-179かつ/または100-109 145-159かつ/または90-99
Ⅲ度高血圧 ≧180かつ/または≧110 ≧160かつ/または≧100
(孤立性)
収縮期高血圧
≧140かつ<90 ≧135かつ<85

※血圧の測定は、1回の測定だけではなく、時間を空けて2回測り平均値を採用したり、別の日に測定した結果をもとに判定します。

上の血圧(収縮期血圧)/下の血圧(拡張期血圧)のどちらかが140/90mmHg以上となると高血圧と診断されます。
※家庭血圧で測定する場合は5日程度測定しその平均が135/85mmHg以上の場合高血圧となります。

高血圧の原因

原因としては下記のようなものがあります。

  • 遺伝的要因(体質:親が高血圧の場合など)
  • 食生活(塩分の過剰摂取)
  • 生活習慣(肥満:メタボリックシンドローム)
  • 他の疾患(腎臓や副腎の機能)

これらの原因をしっかりと把握し、対処していく事で血圧を正常化することが期待できます。

高血圧を放置しておくとどうなる

高血圧をそのままにしておくと、動脈硬化(加齢に伴い動脈がかたくなる)になりやすく、進行すると脳卒中や心筋梗塞、腎臓病などの重篤な病気を発症する危険性が高まっています。

高血圧の診断と検査

当院では高血圧の診断とその原因を把握するために下記の検査を実施しております。

  • 医師による問診、視診
  • 血圧測定
  • 一般採血、特殊採血
  • 尿検査(迅速検査:糖、蛋白、ウロビリノーゲン、潜血、ケトン体、細菌、白血球数)

高血圧の治療について

食事療法

食事療法としては、塩分を抑えた食事、肥満の予防・改善、飲酒している方は節酒を行うことが基本となります。
具体的には、

  • 減塩調味料を使用する
  • 外食や加工食品を控える
  • むやみに調味料を追加しない
  • 麺類の汁は残す
  • 過食・間食は控える
運動療法

日常生活の中でできるだけ歩行する、階段をのぼる、できる範囲で運動する習慣をつける、などが有効です。運動療法を取り入れる目的は肥満の解消です。BMIを正常範囲の18.5~25(kg/m2)にするように取り組んでください。
※BMIは体重を身長の2乗で割って算出します。BMI = 体重kg ÷ (身長m)2

食事療法と運動療法は組み合わせて行うことで効果が出てきます。

薬物治療

食事療法や運動療法で効果が得られない場合などに血圧をコントロールする降圧薬を処方します。医師から勧められた回数を守って内服してください。降圧薬には多くの種類があり、患者さんの血圧値、全身の状態、他の疾患の有無によって最適な薬を判断します。

降圧薬について
治療薬 治療効果
カルシウム拮抗薬 血管を広げ血圧を下げます。
ARB・ACE阻害薬 血管を収縮させる体内の物質を抑制し血圧を下げます。
利尿薬 血管から食塩と水分(血流量)を抜いて血圧を下げます。
β遮断薬 心臓の過剰な働きを抑えて血圧を下げます。
薬の副作用について

高血圧の治療に使用される薬は、患者さんが長期にわたって内服しても安全面に優れたものが選ばれています。ただし、どのような薬にも多少の副作用はあります。万が一副作用が起きたら、すぐに当院にご相談ください。
下記に可能性がある副作用を記載いたします。

治療薬 副作用
カルシウム拮抗薬 動悸、顔のほてり、足のむくみ、歯茎の腫れ
ARB 高カリウム血症など
ACE阻害薬 咳、血管浮腫、高カリウム血症など
利尿薬 高尿酸血症、低カリウム血症、日光過敏症など
β遮断薬 呼吸器疾患の悪化、糖脂質代謝異常など
降圧薬はやめることができる?

血圧を下げる薬を飲み始めると、「ずっと飲み続けなくてはいけないのか?」とご質問を受けます。降圧薬は高血圧を根本的に治療する薬ではないので、薬をやめるともとに戻ってしまう可能性は高いです。しかし、薬物治療と併用して、食事療法・運動療法を行うことで生活習慣が改善し、様子をみて薬を徐々に減らしていく事は可能です。

注意としては、自己判断で薬を減量・中止することは危険なので必ず医師に相談するようにしてください。

お知らせInformation

診療時間Schedule

  • 診療時間
  • 休診 午前診療 診療時間変更

診療案内Medical Guidance

他施設案内Alliance hospital

  • 善利クリニック
  • 介護老人保健施設オアシス
  • Instagram