上中里医院

WEB予約 準備中

  • 〒114-0016
    東京都北区上中里2-32-12
  • お問い合わせ
    03-3911-3740

上中里医院

脂質異常症

コレステロール値が高いDyslipidemia

脂質異常症とは

日本では220万5000人が脂質異常症と診断されており、男性:63万9000人、女性:156万5000人で、女性が男性よりも2.4倍多いと報告されています(厚生労働省患者調査:2017年参照)。

健康診断などでコレステロール値が高いと言われたら、一度当院を受診してください。

動脈硬化の発生と進行

血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)、HDLコレステロール(善玉コレステロール)、中性脂肪(トリグリセリド)の数値に異常がある状態を脂質異常症といいます。健康診断の結果でコレステロール値が高い記載があった方は、LDLコレステロール値のことを指します。脂質異常症は、動脈硬化を進行させる危険性がり、放置しておくと脳梗塞、心筋梗塞、狭心症などの発症リスクを高めます。脂質異常症には自覚症状はありません。早期発見のためには定期健康診断を受けることが大切です。

脂質異常症の原因

食生活が大きな原因と考えられています。動物性脂質の多い食事はカロリーが高く血液中のLDLコレステロール値や中性脂肪を増加させます。また、肥満、運動不足、喫煙、アルコールの過剰摂取、遺伝的要因などが原因だと報告されています。

診断と検査

当院では脂質異常症の診断とその原因を把握するために下記の検査を実施しております。
まずは血液検査を行います。

  • LDLコレステロール 140mg/dl以上:高LDLコレステロール血症
  • HDLコレステロール 40mg/dl未満:低HDLコレステロール血症
  • トリグリセリド(TG)150mg/dl以上:高トリグリセリド血症

となります。

脂質異常症と診断された場合には、

  • 医師による問診・視診(既往歴、家族の病歴、生活習慣について)
  • 血圧測定
  • 特殊採血
  • 尿検査(迅速検査:糖、蛋白、ウロビリノーゲン、潜血、ケトン体、細菌、白血球数)

を行います。
また、動脈硬化の進行を調べるために、心電図検査、超音波エコー検査を実施する場合もあります。

注意が必要な脂質異常症
  • 原発性高脂血症
    特に家族性高コレステロール血症ヘテロ接合体は約500人に1人と高頻度であり、冠動脈疾患の発症頻度がきわめて高いことから、その診断は非常に重要である。
  • 続発性(二次性)高脂血症
    甲状腺機能低下症による高LDL-C血症を見逃さないよう注意する。

脂質異常症の治療について

リスク評価を行う
  1. 冠動脈疾患の既往歴、家族歴があるかどうか 
  2. 高血圧、糖尿病、慢性腎臓病、非心原性脳梗塞、末梢動脈疾患があるかどうか
  3. 性別、年齢、喫煙、血清コレステロールなどを評価する
管理目標値を決める
低リスクの方 LDLコレステロール<160mg/dl
HDLコレステロール≧40mg/dl
中リスクの方 LDLコレステロール<140mg/dl
HDLコレステロール≧40mg/dl
高リスクの方 LDLコレステロール<120mg/dl
HDLコレステロール≧40mg/dl
冠動脈疾患の既往のある方 LDLコレステロール<100mg/dl
HDLコレステロール≧40mg/dl
トリグリセリド(TG) 一律150mg/dl未満

を管理目標値として目指します。

治療について

まずは、脂質異常症の原因となる疾患があればその治療を行います。
検査結果をもとに患者さんのリスクを評価し治療方針を決定していきます。治療の開始は、生活習慣の改善が基本となり、禁煙と適正体重の維持は必要となります。

食事療法

脂質異常症を改善する食事

  • 高LDL-C血症
    肉の脂身、内臓、皮、乳製品、卵黄(コレステロールと飽和脂肪酸を多く含むため)および、菓子類、加工食品(トランス脂肪酸を含むため)の摂取を抑える。
    食物繊維と植物ステロールを含む未精製穀類、大豆製品、海藻、野菜類の摂取を増やす。
  • 高TG血症
    菓子類、飲料、穀類(糖質を多く含むため)の摂取を減らす。
    アルコールの摂取を控え、禁煙する。
    n-3系多価不飽和脂肪酸を多く含む魚類(イワシ、サンマなど)の摂取を増やす。
  • 低HDL-C血症
    菓子類、加工食品(トランス脂肪酸を含むため)の摂取を控える。
    n-6系多価不飽和脂肪酸の摂取を減らすために植物油の過剰摂取を控える。
運動療法
  • 運動の種類・・・速歩、スロージョギング、水泳、サイクリング、など
  • 量・頻度・・・1日30分以上を目安にできれば週6日

運動習慣がない方も毎日30分以上連続して歩行するところから開始して、徐々に進めていく事をお勧めしています。

薬物療法

薬物療法を検討する場合について

  • 食事療法・運動療法で脂質異常が改善されない
  • 糖尿病や慢性腎臓病、非心原性脳梗塞、抹消動脈疾患がある
  • LDL-Cが180mg/dL以上を持続する

上記の場合は薬物療法を考慮します。

薬物療法は、個々の患者さんの状態によって処方する薬を検討します。薬物療法を実施する場合の治療薬の特性と副作用については下記のとおりです。薬物療法に使用される薬剤は、長期治療実績がある薬です。ただし、どのような薬にも多少の副作用はあります。万が一副作用が起きたら、すぐに当院にご相談ください。

脂質異常症治療薬の特性と注意すべき副作用

※引用:日本動脈硬化学会 脂質異常症治療

健康診断でコレステロール値が高いなど脂質異常症が疑われる場合は、医療機関を受診し、早めに改善に努めるようにすることが健康予防に必要です。

お知らせInformation

診療時間Schedule

  • 診療時間
  • 休診 午前診療 診療時間変更

診療案内Medical Guidance

他施設案内Alliance hospital

  • 善利クリニック
  • 介護老人保健施設オアシス
  • Instagram